お店紹介とパン作り理念

アンリエットはパン好き夫婦が営む小さなパン屋。田園風景に恵まれたつくば市郊外に位置し、イオンモールつくばが近くにできました。営業日は(日)だけ,13時~16時ですが、不定期に臨時休業を頂く場合があります。お出かけ前に『営業日・臨時休業日』をご確認下さい。15時前に売り切れる場合もあります。すべて天然酵母で2日間かけて発酵を行いますので、パンが無くなったから追加で焼くということができません。こだわりをもって選んだ材料を手間暇かけて焼き上げた愛情たっぷりの健康パンを焼いてお待ちしています。

 

 

 

夢実現の第一歩として低糖質パンの研究・開発に取り組み、『マイルド低糖質パン®』を完成させ、ネット通販で全国へお届けしています。特徴として①自然派素材,②安心・安全,③美味しさ,④科学的根拠(エビデンス),⑤リーズナブルな価格設定をキーワードとして、できるだけお客様にご満足頂ける低糖質パンを目指しました。

 

夢実現の第二歩は『ヘルシーブレッド(健康パン)』の展開です。特に食物繊維の豊富な大麦を使ったヘルシー山食パンの研究・開発に取り組みほぼ完成の域に達しました。大麦粉を中心とした食物繊維の豊富な穀物粉はアンリエットのすべてのパンに多かれ少なかれ使用することにしました。腸内細菌叢の善玉菌であるビフィズス菌の餌となり、”腸活”に良い効果が期待できます。

 

 

 

現在は対面販売で、新型コロナ感染対策を徹底して行っています。
(手に持つパンは、人気のマイルド低糖質パン)

 

柴田書店発行「café sweets」131号(2012年1月発売)に紹介された記事から

 

店名『アンリエット』の由来と二枚看板

 

アンリエットの初代看板は、2007年に石川県野々市町にある鈴永工芸社に制作して頂きました。妻が真心を込めて作ったステンドグラスをモチーフにしています。娘が「アンリエットちゃん」と名付け、お店の名前にしました。(「アンリエット」という名前は古くは、中世フランス皇室の王女様の名前にも使われていました。)アンリエットちゃんとはいろいろな所で出会うことができます。HPの中では勿論、ショップカードに、お店の中にもいます。お店玄関横の初代看板「アンリエットちゃん」が出迎えます。開業して13年間が過ぎ雨風で色あせてきましたので、リニューアルオープンを機に自分で塗り直しました。出来栄えはいかがでしょうか?

 

二代目看板は、今年2021年1月に木看板ドットコムに制作して頂きました。店舗会社名は『一枚板専門店アルアート』です。お客様に喜んで頂ける健康パンを作りたいという想いを込めて ”Tsukuba Healthy Bread” の 文字を入れてもらいました。看板を見上げる度に、その重厚さに恥じないパンを焼いていきたいと気を引き締めています。

 

コメントは受け付けていません。